「ほう!な話」

2017年7月19日

有給取得の日、会社が変更できる?

▼Q 先日、私の会社の従業員から8月に年次有給休暇(年休)を取りたいと申請がありました。その頃は人手が足りず、勤務してもらえると助かるのですが、取得日を変更してもらうことは可能なのでしょうか。

▼A 労働者は、労働基準法が定める一定の条件を満たせば、年休を取る権利が当然に発生します。会社は取得を拒否できません。しかしその取得が「事業の正常な運営を妨げる場合」、会社側は取得日を変更することができます(時季変更権)。

変更が許されるケースかどうか機械的に判断できる基準はありません。過去の裁判例は(1)会社の事業の規模・内容(2)従業員の担当する職務の内容(3)業務の繁閑(4)代替勤務者を配置することの困難性-などを考慮して、個別に判断しています。

このうち(4)は特にシフト勤務(勤務割)の会社では重要になります。

最高裁は、勤務割の制度を採用している会社では、通常の配慮をしても代替要員の配置が可能でなかった場合、時季変更が許されるとしています。ただし裁判例の中には、会社側が人員不足の状態を長年放置していたような場合には、変更は許されないと判断したものもあります。

したがって、あなたはまず、代替要員を確保できるかどうかを適切に検討する必要があります。

事業者からの相談について、福岡県弁護士会は「ひまわりほっとダイヤル」で受け付けています。初回は無料。電話は、(0570)001240。

西日本新聞 7月19日分掲載(前園健司)

目次