「ほう!な話」

2011年1月6日

マイホーム選びは慎重に

マンションや一戸建てを探しているみなさん、購入時のトラブルには注意しましょう。通常は、最初に不動産業者の広告やホームページで物件を選び、業者から重要事項の説明を聞くとともに現地で確認し、最終的に代金や支払い方法について交渉していく流れになります。

その際、例えば、その物件に人が住んでいる場合、それが誰なのか、物件に対して権利を有しているのか(借家権など)確認する必要があります。住人に借家権があれば、その人が立ち退きに応じないと、賃貸人としての地位を引き継ぐだけにとどまり、購入しても住めません。

また、もしも敷地の境界付近にキウイの木が茂り、おいしそうな実を見つけたとします。まずは実を採る前に、木の根元部分が敷地内にあるか、境界標のくいなどを基に確認しておく必要があります。庭の樹木は原則として土地の構成部分であり、土地の一部だからです。

次に、敷地の周りに擁壁が設けられた丘の上の物件を例に挙げてみます。購入後、大雨で擁壁が崩壊し、地盤が崩れて建物が傾いた場合、擁壁の欠陥(隠れた瑕疵=かし)を理由に、売り主に対して瑕疵担保として売買契約の解除、または損害賠償の請求ができることがあります。不動産トラブルは法や権利が絡み合い、複雑になるケースも少なくありません。マイホームは高額な買い物だけに、慎重に選びましょう。

◆天神弁護士センター=092(741)3208。

(要予約・30分5,250円)

西日本新聞 1月6日分掲載(相島哲生)

目次