「ほう!な話」

2012年12月15日

「必ずもうかる」ネット情報に注意

▼Q 「パチンコで必ず勝てる」とうたった攻略法情報がインターネットで提供されていて購入しました。でも、到底実現できない手順を指示するだけで役に立ちません。返金してもらえますか。

▼A このケースは、いわゆる「情報商材詐欺」です。「確実にもうかる」などと宣伝されていれば、いったん購入した後でも「断定的判断の提供」があったという理論で、消費者契約法に基づき契約そのものを取り消し、返金を求めることができます。

そもそも本当にそんなに都合のいい情報があるだろうか│そう疑問に思うことが大切です。ところが、インターネットだと「驚くべき有益な情報を簡単に入手できるかもしれない」という思い込みもあって、甘い言葉があると、ついつい手を出してしまう人も多いようです。

情報商材詐欺に限らず、簡単に広告収入を得られると勘違いさせる「アフィリエイト詐欺」▽口コミで高評価だからと信頼させる「ステルスマーケティング」▽ネットショッピングサイトを作ると簡単に稼げると持ちかけてホームページ制作料や加盟金を払わせる「ドロップシッピング詐欺」│など、さまざまな悪徳商法がインターネット上にあふれています。これらの中には、きちんとクーリングオフ制度などを活用すれば対応可能なものもあります。

悪徳商法はもちろんのこと、名誉を毀損(きそん)する掲示板などへの書き込み、オークション詐欺など、インターネットのトラブルでお困りの方は、弁護士にご相談ください。

◆福岡県弁護士会の相談窓口案内=(0570)783552(なやみここに)。

西日本新聞 12月15日分掲載(松尾重信)

目次