「ほう!な話」

2014年4月2日

荷物破損、3カ月以内に連絡

▼Q 年明けに引っ越し、料理を作ろうと段ボール箱からセットもののお皿を取り出したところ、1枚が割れていました。弁償してもらえますか。

▼A すぐに引っ越し業者に連絡しましょう。多くの業者は国土交通省が定めた「標準引越運送約款」にのっとっています。このルールによると、荷物の紛失や破損についての業者の責任は、荷物の引き渡しを受けてから3カ月以内に連絡しないと消滅することになっているからです。

また、賠償の範囲ですが、セット物であれば、一部が壊れたためにセットとしてもはや使用できないので、割れた1枚分だけでなく、全体について弁償されるのが一般的です。

もっとも、皿が割れた原因が業者側にない場合は、約款によっても賠償を求めることはできません。例えば、あなた自身が皿の入った段ボール箱を落とした、輸送用トラックがもらい事故に遭った-など、業者に過失がないケースです。

そうした場合に備えて、依頼する側自身が、引っ越し荷物運送保険に加入しておくと、それで補うことができます。引っ越しの際に加入していなかったか確認してみましょう。

業者側に責任があっても、荷物を受け取った日から1年を経過すると時効にかかるので、注意が必要です。

◆福岡県弁護士会の相談窓口案内=(0570)783552(なやみここに)

西日本新聞 4月2日分掲載(春田久美子)

目次