「ほう!な話」

2010年11月12日

投資勧誘詐欺には注意

投資をめぐるトラブルが後を絶ちません。うまい話には必ず裏があります。

勧誘は突然のダイレクトメールや電話から始まります。「銀行に預けても大して金利はつきません。特別に未公開株をお譲りできます。A社は上場予定の有望企業です」。初めは断っても、次に「A社の株をお持ちではないですか。貴重な株なので購入価格の2倍で買い取らせていただきます」。それなら、と数百万円で購入すると、途端に買い取り業者とも、株を売った業者とも連絡が取れなくなり、手元には本物らしき株券が残っただけ、という状態に・・・。

本当に上場すればいいのですが、上場予定の株はグリーンシートと呼ばれ、通常は証券会社が扱います。情報はホームページでも公表されます。でなければ詐欺商法の疑いが濃厚です。

今後のことは分からないのに「必ず上場する」「必ずもうかる」などと断定的な判断を述べて勧誘することは、違法です。消費者契約法に基づき契約を取り消し、代金の取り戻しが請求できます。民法上の不法行為としての損害賠償請求も可能です。

最近は、転換社債、イラクの通貨ディナール、スーダンのポンドなど、株式にとどまらない投資勧誘商法が増えています。

早く行動を起こさないと、連絡が取れなくなったり、会社が破産したりして回収が困難になる恐れがあります。実体のない業者も少なくありません。ぜひ早めに相談を。

◆天神弁護士センター=092(741)3208。

西日本新聞 11月12日分掲載(桑原義浩)

目次