「ほう!な話」

2010年10月22日

検察審査会に必要なもの

小沢一郎氏、強制起訴-。このニュースが先日、大きく報じられました。検察審査会が「検察官が不起訴にしたのはおかしい」と判断したのです。

裁判員裁判が始まったのと同じ日(昨年5月21日)に改正検察審査会法が施行されました。無作為の抽選などで選ばれた11人の有権者が、検察官の下した不起訴決定が適切、適当かを判断する制度です。検察審査会で2回、起訴すべきとの結論になった場合は必ず起訴される(強制起訴)ことになりました。

兵庫県尼崎市のJR事故、同県明石市の歩道橋事故を皮切りに強制起訴が出始めています。検察官が起訴する権限を一手に握っていた「起訴独占主義」を一部修正し「市民の感覚」を反映させるのが改正の目的です。

今、刑事裁判の世界に市民感覚を反映させる手続きが始まっています。とはいえ、忘れてはならないのは、検察審査会の議決による強制起訴が1人の人間を刑事被告人とし、長期間不安定な立場に置くということ。十分な証拠もないのに「何となく」とか感情だけで議決をしてしまい、刑事被告人としての負担を負わせることは問題でしょう。

また検察審査会が起訴すべきとした事件が無罪ばかりでは、かえってその判断の適正が疑われることになってしまいます。

「市民感覚が重要、一方で有罪にできる証拠があるかを慎重に考える」。これこそが検察審査会に求められていることではないでしょうか。

◆天神弁護士センター=092(741)3208。

西日本新聞 10月22日分掲載(小林登)

目次