「ほう!な話」

2013年10月30日

弁護士依頼 子どももできます

▼Q 僕は中学3年生です。両親が離婚して母と暮らしています。父とは時々会うくらいでしたが、その父が最近、会う回数を増やしてほしいということで、家庭裁判所に調停を起こしたそうです。僕もそういう場所で自分の気持ちを話したいのですが・・・。

▼A 今年から「家事事件手続き法」という新しい法律がスタートしました。親子に関わることについて、条件を満たせば子ども自身が家庭裁判所に手続きを申し立てたり、参加したりできる仕組みです。質問のような面会交流のケース以外にも、親権停止を申し立てられたり、そもそも離婚に伴う親権者を指定したりする場合も対象です。

親などの同意は必要なく、子どもの「意見表明権」を大事にしようという考えがあるからです。あなたの場合も、調停に出席して自分の気持ちを伝えることができますよ。

ただし、子どもだけできちんと本音が伝えられるか、不安に思う人もいるでしょう。手続きが難しいと感じる人もいるかもしれません。そういう場合は「子どもの手続き代理人」を付ける方法があります。「家事事件手続き法」で、未成年であっても弁護士を頼むことができるようになったのです。

この代理人は、あなたの立場に立ち、家庭裁判所で一緒に話をします。あなたの代わりに言い分を伝えることもできます。親に伝えてほしくない話は内緒にします。そう!子どもたちの新しい味方なのです。

弁護士に頼むのにお金の心配はしなくても大丈夫です。まずは無料の相談窓口=092(751)1331(毎週土曜の午後0時半~3時半)=に電話をしてみてください。

西日本新聞 10月30日分掲載(三浦徳子)

目次