「ほう!な話」

2010年11月5日

女性への暴力 電話相談を

以下、すべて「暴力」です。
(1)精神的暴力=ののしる、ばかにする、怒鳴る、無視する、行動を束縛する(2)性的暴力=セックスを強要する、避妊に協力しない(3)身体的暴力=殴る・ける、物を投げつける、刃物で脅す(4)経済的暴力=生活費を渡さない、お金の管理を独り占めして使途を制限する・・・。

11月は「女性に対する暴力をなくす運動」の月。毎年この時期に合わせ、福岡県弁護士会・北九州部会と北九州市立男女共同参画センター・ムーブの共催で「女性への暴力0(ゼロ)!ホットライン」を開設しています。女性弁護士とムーブの相談員が、DV(ドメスティックバイオレンス)やセクハラ、性被害などの電話相談に無料で応じます。

「離婚するには何から手をつけたらいいか」「夫に出て行けと怒鳴られるが、子どものために我慢している」など相談内容はさまざまです。一方で、DVやセクハラが「悪」だという認識は社会一般に広まりつつありますが、「おかしい」「嫌だ」と思いながらも暴力被害に気付いていない人は少なくありません。最近は学生間でもデートDV(交際相手からの暴力)が深刻な問題になっています。

「それが普通」「あなたの方がおかしい」と言われたらどうしよう…。そんな不安があっても、電話による相談であれば、少しの勇気で踏み出せます。地域は問いません。ぜひ電話してみてください。 

◆ホットライン(24日午前10時~午後5時)=093(583)3331/3663。

西日本新聞 11月5日分掲載(小倉知子)

※このイベントは終了しました

目次