「ほう!な話」

2016年7月13日

労災は保険も賠償も請求可

▼Q 仕事中の事故で大けがをして後遺症があります。ところが、会社は労災保険を使うなと言うだけで、何も対応してくれません。労災保険などを請求できないのでしょうか。会社に対しても何らかの請求をしたいのですが・・・。

▼A 労働災害(労災)に該当する場合、会社が労災申請を代行してくれることが多いのですが、時にご相談のように会社が協力してくれないことがあります。それでも、労働者が自ら労災保険を請求できます。会社が労災保険料を支払っていなかったとしても、労災保険による給付を受けられます。

事故に会社の落ち度が認められる場合には、会社に対して損害賠償を請求できます。会社の安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求といいます。

労災保険請求と会社への損害賠償請求は併せてできますが、治療費や休業補償など重複する給付も多く、それは両者からは受けられません。どちらかにしか請求できないものもあります。例えば、労災保険では、慰謝料は給付の対象外となり、休業補償は給与の6割ですが、合わせて状態に応じた特別支給金を受けられます。一方、損害賠償請求では慰謝料も対象となり、労災保険でカバーされなかった休業中の給与も請求できます。

重い後遺症がある場合などは、労災保険、会社への損害賠償両方の請求を検討した方がよいでしょう。それぞれ時効制度があり、一定期間を経過すると請求できなくなりますので、ご注意ください。

西日本新聞 7月13日分掲載(池田亮)

目次