「ほう!な話」

2010年12月17日

交通事故 無料相談どうぞ

交通事故の被害に遭った人から「慰謝料は1日4200円ですよね?」「休業損害は1日5700円ですよね?」と真剣な面持ちで相談されることがあります。加害者が加入している保険会社との示談交渉の中で、担当者から示された金額のようです。

しかし、この「慰謝料1日4200円」「休業損害1日5700円」という基準は、自賠責保険から支払われる保険金の基準で、交通事故による本来の損害を算定する基準(いわゆる「裁判所基準」「弁護士基準」)とは異なります。

「主婦には休業損害が出ないって本当ですか」と尋ねられることも少なくありません。主婦が事故によるけがで家事労働に従事できなかった場合、休業損害は通常、女子労働者の平均賃金を基準にして算定します。2008年における女子労働者の全年齢の平均給与は約350万円なので、これを基準にすると1日当たり9500円以上になります。

さらに、交通事故の被害に遭った人は、いつまで治療を受けられるのか、休業損害はいつまで支払ってもらえるかなど、保険会社の担当者への対応を余儀なくされ、そのこと自体に相当なストレスを感じるケースもよく耳にします。

そこで福岡県弁護士会は、交通事故サポートセンターを開設し、無料電話相談=092(741)2270=に取り組んでいます。示談はもちろん、交通事故に関する悩みがあれば、気軽にご相談ください。

◆天神弁護士センター=092(741)3208。

西日本新聞 12月17日分掲載(田中亮一)

目次