「ほう!な話」

2016年1月27日

財産管理 成年後見制利用を

▼Q 息子は精神障害の診断を受けています。最近働き始めましたが、給料をもらうとすぐにパチンコや飲酒などで使ってしまいます。本人も浪費はやめたいと言っています。浪費を防ぐ方法はありませんか。

▼A 給料は、ご子息が自分で稼いだものです。健全な判断能力で浪費しているなら、防止する法的手段はありません。本人と話し合ったり、支援者が監督したりしてみましょう。

もし、ご子息が将来の経済状況を的確に判断できず、適切に財産管理できないために浪費をやめられないのなら、成年後見制度の利用を検討できます。

成年後見制度とは、契約などに関する意思決定が困難な人のため、生活に必要な意思決定を代行・支援する制度です。本人の判断能力の程度に応じて後見・保佐・補助があり、親族や専門職(社会福祉士、司法書士、弁護士など)が後見人・保佐人・補助人となって、身上監護と財産管理を支援します。

ご子息は判断能力があるようですので、補助の利用を検討してみましょう。補助人に社会福祉士が選任されれば、財産管理を中心に生活全般を支援してもらうことで、浪費を防げるかもしれません。補助の利用には本人の同意が必要ですが、ご子息も浪費をやめたいようですので、同意は得られるでしょう。

成年後見制度は高齢者が利用するイメージがあるかもしれませんが、成人なら年齢制限はありません。必要に応じて利用を検討してみてください。

西日本新聞 1月27日分掲載(西村幸太郎)

目次