「ほう!な話」

2016年5月18日

墓や仏壇の継承は協議して

▼Q 父が亡くなりました。母は既に他界し、相続人は私(長男)と弟。2人とも遠方におり、法事や、先祖代々の仏壇や墓などを誰が世話していくのか心配です。私が世話する場合は費用がかかるので、その分遺産を多くもらうべきだと思いますが、弟は「きっちり半分に」と譲りません。兄弟で長い間、もめたくはありません。

▼A 仏壇や墓などを「祭祀(さいし)財産」といいます。法律上は、亡くなった人が生前に指定した人、指定がなければ「慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者」が継承します。慣習が明らかでなければ、家庭裁判所が継承者を決定します。実際にはまず相続人間でよく話し合い、まとまらない場合に家裁の審判を受けることになります。

祭祀財産は遺産ではなく、相続の対象ではありませんので、あなたが仏壇や墓を引き継ぐとしても相続分は増減しません。ただし、相続人同士で、費用負担などを考慮して遺産分割協議を行うことは可能です。

兄弟なら円満解決が理想ですね。早期解決の基本は当事者がしっかり話し合うこと。家裁の調停や、弁護士会の裁判外紛争解決手続き(ADR)を利用すれば、第三者を交えた話し合いができます。

弁護士会のADRは、経験豊富な弁護士が「あっせん人」として公平な立場で間に入ります。話し合いの日時や場所にも柔軟に対応できます。福岡県弁護士会=092(741)6416=に問い合わせてください。

西日本新聞 5月18日分掲載(真鍋亮平)

目次