「ほう!な話」

2014年6月18日

暴言や経済的締め付けもDV

▼Q 毎日、夫から「無能だ」とののしられ、日用品の購入も任せてもらえません。暴力は振るわれていませんが、つらいです。離婚できますか。

▼A 安らげるはずの家庭内で暴言を吐かれたりする日々は、心身の健康を脅かしかねません。ドメスティックバイオレンス(DV)には身体的な暴力だけではなく、暴言や経済的な締め付けなど、心に有害な言動も含まれます。この「精神的DV」の被害を、あなたも受けていると考えられます。

離婚を希望しているものの、配偶者との話し合いが難しいのであれば、家庭裁判所で法的手続き(調停や裁判)をとり、ここでDV被害を主張できます。

もっとも、精神的DVは言葉や態度にしか現れないので、第三者には分かりにくい面もあります。配偶者が暴言の事実を否定することも考えられます。後々のために証拠として残せるよう、今のうちから準備が必要な場合があるので、弁護士や各自治体の女性センターなどにいる専門家に相談してください。

福岡県弁護士会でも今月23~26日に、各地の女性センターなどと共催で「女性の権利110番」を実施します。女性弁護士と相談員が無料で電話相談に応じます。日程や電話番号は地域によって異なるので、詳細は県弁護士会のホームページ(http://www.fben.jp/)で確認してください。
福岡県弁護士会=092(741)6416=でも詳細を案内します。

西日本新聞 6月18日分掲載(柏熊志薫)

目次