「ほう!な話」

2014年10月22日

不安がらずに積極的に参加を

▼Q 私が検察審査員の候補者に選ばれたとの郵便が届きました。検察審査員が何をするのかよく分かりません。守秘義務があるとも聞き、不安です。

▼A 検察官の不起訴処分(事件を裁判にかけなかったこと)の当否を審査する組織が検察審査会。不起訴の判断は正しい(不起訴相当)▽再検討すべき(不起訴不当)▽すぐに起訴すべきだ(起訴相当)-の三つから決定を下します。その判断をする人が検察審査員です。検察審査員の候補者は、選挙人名簿から抽せんで選ばれます。今回あなたは、この候補者に選ばれたということになります。今後さらに候補者の中から11人の審査員が抽せんで選ばれます。審査会の会議は非公開。検察審査員には守秘義務という秘密を守る義務が課されており、秘密の漏洩(ろうえい)には、懲役や罰金といった罰則もあります。

守秘義務が課される「秘密」には、評議の経過や審査員の意見といった「評議の秘密」と、捜査や関係者の情報といった「職務上知り得た秘密」があります。審議の発言内容などが公開されるとなると、審査員は思っていることを言いにくくなるかもしれませんし、関係者のプライバシーも大切ですから、これらの秘密は守ることとされています。

一方で、「秘密」にはあたらないこと、例えば、審査員を務めた感想などは話しても問題ありません。あまり不安がらずに、審査員に選ばれた場合は、ぜひ積極的に審査に参加してみてください。

西日本新聞 10月22日分掲載(渡部 有紀)

目次