「ほう!な話」

2013年8月14日

生活に身近な法律、学ぼう!

▼Q 高校生です。友達のAとけんかして、インターネットの掲示板に「Aは試験で赤点とった」と書き込んだら「名誉毀損(きそん)だ」と言われました。本当にそうなのですか。

▼A 名誉毀損罪とは「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した」場合に成立し、法定刑も「3年以下の懲役等」とされています。ネット上で試験の点数のことを書くのは「公然と事実を摘示」したことに当たり、実際に赤点だったかに関係なく、名誉毀損罪が成立し得ると考えられます。

もっとも、表現の自由も大事です。(1)表現した事実が公共の利害に関するものであり、かつ(2)専ら公益を図る目的があって(3)その事実が真実である-との証明があったときには「刑罰を科さない」ということになっています。質問のケースは、これに該当する可能性は「ない」と思われます。

このように、法律は私たちの生活と切っても切れない身近なものなのです。法律について考える機会を持ち、ネット上ではなく、リアルな世界でいろいろな意見を持つ人と議論することは、とても良い機会になるはずです。

福岡県弁護士会は、今年も中学生、高校生を対象とした「ジュニア・ロースクール」を開催します。今回は強盗致傷の事件の模擬裁判を題材に、刑事事件の手続きやルール、裁判員裁判について学んでいきます。夏休みの自由研究にもお勧めです。たくさんの参加をお待ちしています!

◆ジュニア・ロースクール 17日午後1時から、福岡市早良区の西南学院大学法科大学院。参加無料。申し込みは16日午前9時~午後3時に電話で福岡県弁護士会=092(741)6416。

西日本新聞 8月14日分掲載(平嶋瑠理)

※このイベントは終了しました

目次