「ほう!な話」

2012年4月12日

訪問業者の「押し買い」注意

訪問業者による貴金属などの買い取りに関するトラブル、いわゆる「押し買い」が高齢者を中心に、特に東日本大震災後に多発しています。「押し売り」の変型で、貴金属価格の高騰や高齢者の1人暮らし世帯の増加が背景にあるようです。

手口としては、業者らしき者が自宅を訪ね「不要なネックレスを譲ってほしい」「手持ちの指輪を鑑定して現金で買い取ります」などと強引に勧誘し、冷静な判断をさせる間もなく買い取ってしまうのです。認知症の人の家に上がり込み、勝手にたんすをあさるケースも・・・。

震災に乗じて良心につけ込む悪質な手口も目立ちます。震災後に不足しているという理由で「ペースメーカーや注射針に使うのに金属を探している」「エックス線の機材を作るのに金や銀が必要。不要なアクセサリーを売ってほしい」など。偽の古物商の許可証を見せて安心感を与える手口もあります。

こうした被害は消費者が「売り主」となるため、特定商取引法のクーリングオフなどの対抗手段を取ることが困難です。消費者庁はようやく法改正に動き始めましたが、しばらくは自衛策しかなさそうです。

対策としては(1)毅然(きぜん)として断る(2)1人で対応しない(3)相手を確認する(業者名、住所、電話番号、古物商許可証などの提示を求める)(4)買い取りの条件などを書面でもらう-。くれぐれもご注意を。

◆福岡県弁護士会の相談窓口案内=(0570)783552(なやみここに)。

西日本新聞 4月12日分掲載(緒方剛)

目次