「ほう!な話」

2013年6月19日

DVは無料電話相談利用を

▼Q 暴力を振るう夫と離婚を考えています。でも、病気休職中でお金がなく、子どもも小さいので身動きがとれません。どこに相談すれば・・・。

▼A まず、自分や子どもの身の安全を守る策を講じて。その上で少し落ち着いたら、離婚後の生活など身の振り方を考えるのがベターです。

ただ、長い間暴力にさらされていると、考える力さえ失いがちです。そうした方にはドメスティックバイオレンス(DV)に関連する法律や被害者支援、離婚手続きに詳しい弁護士による個別の助言が不可欠です。

日本弁護士連合会は毎年6月に、男女共同参画推進週間に合わせて「全国一斉女性の権利110番」を実施しています。今年も各都道府県の弁護士会が連携し、九州各県でも24日=鹿児島▽25日=福岡▽26日=長崎▽29日=佐賀、熊本、大分、宮崎-で受け付けます。

また、福岡県弁護士会は今月1日から「DV無料法律相談」を始めました。対象は、生命や身体への危害を受ける恐れが高いケースです。相談予約電話=ナビダイヤル(0570)783552=に予約をすれば、県内に19カ所ある最寄りの法律相談センターで、弁護士の相談を初回30分無料で受けられます。気軽にご利用ください。

◆福岡県弁護士会が25日に実施する「女性の権利110番」の相談先は次の通り(受け付けは午前10時~午後4時、北九州地区は午後5時まで)。

福岡地区=092(724)2644▽筑後地区=0942(46)2667▽北九州地区=093(583)3331/093(583)3663▽筑豊地区=0948(28)7567

西日本新聞 6月19日分掲載(深堀寿美)

※このイベントは終了しました

目次