「ほう!な話」

2011年10月27日

弁護士会のHP活用して

生活に欠かせなくなったインターネット。あらゆる公的機関や企業がネットを駆使して情報発信しています。その活用は、司法の世界でも進んでいます。

弁護士や法律事務所のホームページ(HP)では、弁護士個人の履歴、よくある相談、紛争解決の流れや費用などを掲載しています。裁判所のHPには、弁護士に依頼せず自分で裁判手続きを利用する場合を想定した必要な情報(申立書の書式、費用など)が提供され、新しい判例も紹介されています。

国内で働く弁護士が全員加入している日本弁護士連合会や、都道府県ごとにある弁護士会もHPを開設しています。

私たち福岡県弁護士会のHPもアクセスしてみてください。県内19カ所で直営する法律相談センターの情報や弁護士の検索ページがあります。一番のお薦めは「こんなときどうする?」のコーナー。多重債務、離婚問題などテーマごとに具体的なアドバイスや対応窓口、相談の際の注意点を掲載しています。

「弁護士への依頼は費用が心配」とためらう人も多いようですが、無料相談会を随時実施しており、そうした情報もタイムリーに更新しています。会員による書評コーナーも意外と人気です。県内在住の場合は「福岡」「弁護士会」のキーワードで検索してください。約千人いる弁護士の素顔にアクセスできます。

◆天神弁護士センター=092(741)3208(要予約・30分5250円)。

西日本新聞 10月27日分掲載(藤井大祐)

目次