「ほう!な話」

2014年4月9日

ネット上の悪口は名誉毀損

▼Q 他人のブログに、私について「金をだまし取られた。詐欺師だ」と事実無根の悪口が書かれていました。どう対処したらいいですか。

▼A 人の社会的評価を低下させる表現は、刑事上は名誉毀損罪が成立し、民事上も名誉毀損として不法行為となり損害賠償義務を負います。ブログや掲示板などインターネットサイトへの書き込みも同様です。むしろネットの手軽さから起こりやすいといえます。

「金をだまし取られた」という例も名誉毀損に当たり、書き込みを削除させることができます。手段としては(1)ブログや掲示板にコメントするなどして、書き込んだ人に自主的な削除を依頼する(2)削除依頼フォームが設置してあれば、それに従い依頼する-ことが考えられます。それでも削除されない場合は、ホームページの管理者に対して書き込みの削除を請求(送信防止措置請求)できます。

書き込んだ人を特定し、その人に損害賠償を請求することもできます。ただ、ネット上は匿名が多いので、管理者やプロバイダー会社に情報開示請求をする必要があります。記録が破棄される前に急いで対処しましょう。一般的な保存期間は3~6カ月といわれています。

書かれた内容が名誉毀損に当たるかどうか、悪口を書き込んだ人の調べ方などの相談については、弁護士も対応することができます。

西日本新聞 4月9日分掲載(壹岐晋大)

目次