「ほう!な話」

2011年5月26日

「紛争解決センター」利用を

家の貸借や土地の境界、商品の欠陥など、争い事は大小問わずストレスがたまるもの。でも裁判は大げさだし、かといって間に入ってくれる人もいない。そんな悩みを抱える人にお勧めしたいのが、弁護士会が設置する「紛争解決センター」です。

全国に30カ所、九州では福岡、熊本、鹿児島にあります。ベテランの弁護士や元裁判官、学識経験者が間に立ち、訴訟(裁判)ではなく、基本的に話し合いによる解決を目指すので、さほど心理的な圧迫感もなく、気軽な雰囲気の中で行われます。

仲裁統計年報(2009年)によると、相手方が話し合いのテーブルに着いた事件のうち、解決に至った割合は57%、平均の審理数は2.7回、日数にして88.5日でした。

紛争の種類や内容は問いません。建築や医療など専門的知識が必要な争い事でも、各分野の専門家と連携して対応します。「今後の対応策を書面化させたい」など、裁判での請求が難しいケースも受け付けます。

今年3月には、法務省の認証を得ています。時効を中断する効果が生じたり、家庭裁判所で行う調停の代わりに利用できたりと、より便利になりました。

申し立て費用は手数料1万500円のみ(別に成立手数料がかかる)。なお、申し立てには弁護士の紹介状が必要なので、まずは弁護士による法律相談を受けましょう。

▽福岡県弁護士会の紛争解決センター=天神092(741)3208/北九州093(561)0360/久留米0942(30)0144

西日本新聞 5月26日分掲載(植松功)

目次