「ほう!な話」

2015年11月18日

美容医療トラブル増

30歳の女性会社員です。先日、繁華街を歩いていると「今なら脱毛の無料体験が受けられる」と声を掛けられ、美容クリニックに案内されました。無料でしたが施術後、「毛穴がひどく黒ずんでいる」「今なら特別優待金額で契約できる」と迫られて総額50万円の契約を結んでしまいました。解約することはできないでしょうか。

最近、美容への関心の高まりを背景に、脱毛や脂肪吸引、二重まぶた手術など、美容医療サービスをめぐる消費者トラブルが増加しています。トラブルの中には「モニター価格」「先着○○名」「○○%OFF」と特典を強調したり、「早く施術しないと取り返しがつかなくなる」と不安をあおったりして、高額な契約をさせられている例が少なくありません。業者の中には、十分な医療技術を持ち合わせず、無資格者もおり、やけどや水ぶくれなどの危害を受けた例もあります。

美容医療サービスは、特定商取引法上の特定継続的役務提供には該当せず、中途解約が難しいとされます。ただ、ご相談のようにキャッチセールスで契約した場合はクーリングオフができる可能性があります。医療機関の情報を調べたり、施術の効果やリスクを確認したりして、慎重に契約することが大切。契約をしてしまった場合でも、1人で悩まず最寄りの消費生活センターや弁護士らに相談してください。

◆福岡県弁護士会の相談窓口案内=(0570)783552(なやみここに)

西日本新聞 11月18日分掲載(住野武史)

目次