「ほう!な話」

2012年6月7日

自転車事故にも損害賠償責任

▼Q 中学生の息子が携帯電話で話しながら自転車を運転していて、歩行者にぶつかりました。けがをさせてしまい、損害賠償が気になります。基本的なことを教えてください。

▼A こうした自転車事故が増えています。2002年には、中学生が無灯火で歩行者に衝突し、重傷を負わせて約3千万円の支払いを命じられました。後遺症が重くて5千万円を超えたケースも。14歳以上だと刑事責任が問われ、刑法の過失傷害罪や重過失傷害罪で処罰される可能性もあります。

自転車は道路交通法上は軽車両。法規に従った通行が求められます。歩道を走っていいのは(1)道路標識や道路標示で指定されている(2)13歳未満、70歳以上、身体の不自由な人(3)車道または交通の状況からみてやむを得ない-場合に限られます。もとより歩道を走れる場合も、歩行者優先でなければなりません。

賠償には「自転車保険」「個人賠償責任保険」が使えますが、限度額が設定された保険が多いようです。被害を受けた場合は加入している傷害保険を活用しましょう。相手の特定などが必要なので、事故に遭ったら警察に届けることが肝要です。

未成年者が事故を起こすと、民事裁判で親の責任が追及される場合もあります。運転の仕方を含め家族で話し合い、確認しておきましょう。

◆福岡県弁護士会の相談窓口案内=(0570)783552(なやみここに)。今週からQ&A方式にスタイルを改めました。

西日本新聞 6月7日分掲載(関口信也)

目次