「ほう!な話」

2010年6月25日

「ソフトヤミ金」急増中

月末に迫った借金返済を控え、消費者金融の前に立ち尽くしているあなた。お金を借りて借金を返すのは待ってください。

18日から貸金業法が改正されました。上限金利を引き下げ、貸金業者への規制が厳しくなった半面、安易な借金や多重債務を減らすために法律が変わったので「借りにくくなった」のも確かです。

だからといって「ヤミ金」に手を出してはいけません。トゴ(10日で5割、年利にして1825%)など法外な金利を要求されます。

最近は「ソフトヤミ金」も急増中です。ヤミ金ほど暴力的な取り立てはせず、年利も40~80%と「柔らかめ」。これでも法の上限は超えていますが、親身になってソフトに近づき、数万円程度の小口の貸し付けが多いため、被害者が被害に遭っていることに気づきにくい特徴があります。

法改正で貸金業への取り締まりが厳しくなったことが、ソフトタイプに衣替えする業者を増やしている側面もあります。

「ショッピング枠の現金化」にも注意を。例えば、おもちゃの指輪を10万円でクレジットを組んで購入し、客に8万円を手渡す。一時的に現金を手にできても、結局は10万円の借金が残ります。今を乗り切るために背に腹は代えられないとはいえ、換金目的でクレジットを組むのは犯罪です。

借金を借金で返すのはもうやめましょう。相手がヤミ金の場合、元本すら返さなくていいなど、解決策はあります。法改正に伴い、各地の弁護士会が無料相談会を開催するので、ぜひ利用を。

福岡地区は26日午前10時~午後5時、電話=092(724)2644=で受け付けます。

西日本新聞 6月25日分掲載(春田久美子)

※このイベントは終了しました

目次