「ほう!な話」

2011年8月18日

労働審判 手軽で迅速

「未払いの賃金や残業代があるのに、会社といくら話してもらちが明かない」「突然解雇され、納得できない」…。こうした悩みを抱えた人が増えています。かといって、訴訟(裁判)を起こすとなると時間や費用が心配な人も多いでしょう。請求する金額によっては“費用倒れ”になる場合もあります。

そこでお勧めしたいのが、勤め先とのトラブルを簡易、迅速に解決できる「労働審判」制度です。裁判官1人と労働問題に詳しい民間の労働審判員1人の計3人でつくる審判委員会が、当事者双方から意見を聞いて話し合いによる解決を目指し、まとまらなければ最終的に審判を下す-という仕組みです。

最長でも審判期日3回まで。その間にお互いに納得のいく結論が得られなければ、審判が下されます。その審判の結果に納得できないときは、異議を申し立てることによって通常の訴訟手続きに移行します。

福岡県の場合、福岡地裁本庁と小倉支部で行われています。申し立て件数は全国で4番目に多く、解決までの平均日数は60日を切り、これは全国一のスピードです。全体の約8割が訴訟に移行することなく解決しています。弁護士費用も他の訴訟に比べて安価な傾向にあります。

泣き寝入りが目立った労働問題の解決に有効な制度です。弁護士がお手伝いできます。まずはご相談を。

◆天神弁護士センター=092(741)3208(要予約・30分5250円)。

西日本新聞 8月18日分掲載(國嶋洋伸)

目次