「ほう!な話」

2016年3月16日

公判に被害者も参加できる

▼Q 父が、赤信号で交差点に進入した車にはねられ、亡くなりました。事故後、加害者からは何の連絡もありません。なぜ事故が起きたのか知りたいし、加害者や裁判官に私の思いを聞いてほしいです。

▼A このケースでは、赤信号で交差点に進入し、被害者死亡という重大な結果を生じさせているので、加害者は刑事裁判を受けるでしょう。過失運転致死傷罪などの裁判には、被害者が参加できます。被害者死亡の場合、一定範囲の親族の参加も認められています。

被害者参加をすると、公判に出席できるほか、一定の範囲で被告人に直接質問したり、被害者としての意見を陳述したりもできます。公判で事故の内容を知ることができますし、裁判所に遺族としての意見を伝えられるのです。

もっとも、気持ちの整理がつかない時期では、精神的に大きな負担となることでしょう。そのような場合には、被害者参加代理人として弁護士を立てることも可能です。福岡県弁護士会の犯罪被害者支援センターでは、無料電話相談(火曜と金曜の午後4~7時、祝日除く)=092(738)8363=も行っています。

西日本新聞 3月16日分掲載(石立有)

目次