「ほう!な話」

2016年6月22日

異なる意見も聞いて投票へ

▼Q 私は18歳の高校3年生です。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられると聞きましたが、何を基準に誰に投票すればいいのか分かりません。よく分からないまま、投票してもいいのでしょうか?

▼A 改正公職選挙法が19日に施行され、選挙権年齢が「18歳以上」となりました。国政選挙では7月10日投開票の参院選から18歳も投票できます。

投票は権利であって義務ではありませんが、憲法は国民が主権者とうたい、あなたも主権者の一人です。主権者として選挙権を行使する機会ですから、ぜひ投票に行ってみましょう。

どういう理由で誰に投票するかはあなたの自由です。その際、あなたと異なる意見にも耳を傾けてみてください。世の中にはさまざまな考え方の人が暮らしています。どんな考え方でも自由ですが、皆が自由に行動すると衝突してしまいます。

そこで、利害調整のルールが必要となります。ルールは多数決で定めよう、というのが民主主義です。ただ「多数意見だから」というだけだと、少数者が納得できないかもしれません。違う意見を聞けば考えが深まり、より良いアイデアが生まれるかもしれません。議論を経た多数意見なら、少数者も納得するかもしれません。より良いルールを目指す議論が重要です。

福岡県弁護士会は、民主主義や立憲主義を学ぶジュニアロースクールや出前授業を行っています。問い合わせは同弁護士会=092(741)6416=へ。

西日本新聞 6月22日分掲載(吉田星一)

目次