「ほう!な話」

2016年11月30日

性被害者、顔見られず裁判参加も

▼Q 知り合いの男から性的暴行を受けました。男は強姦(ごうかん)罪に問われています。近く開かれる裁判では、私も被害者として参加できると聞きました。ですが、他にも被害者がいて、一度に裁判が行われるようです。男に顔を見られたくありませんし、周囲の人に顔や名前が知られてしまうのではと心配です。

▼A 被害に遭われて大変なご心痛だったと思います。これから始まる裁判で、あなたは「被害者参加弁護士」を依頼することができます。サポート役の弁護士が裁判を“伴走”しますので何でもご相談ください。

男と顔を合わせたくないという気持ちはよくわかります。裁判所に行くだけでも緊張するのに、男の顔を見てしまうと、法廷で平静を保っていられなくなるでしょう。そのため裁判所は、あなたに安心できる人を付き添わせたり、あなたと男との間や、傍聴席との間についたてを立ててくれたりします。他の被害者との間についたてを用意してくれた例もあるので、誰かに顔を見られる心配はありません。

それでも負担が大きければ、被害者参加弁護士だけが裁判に行くこともできます。

通常の刑事裁判では、起訴状朗読などで被害者名が読み上げられますが、特に性犯罪の場合「被害者」や「Aさん」と呼び、あなたの名前が分からないように配慮されます。

性犯罪被害者の心の痛みは、裁判に関わる人みんなが理解を深めようと努力し、配慮しますので、安心して参加してください。

西日本新聞 11月30日分掲載(小谷百合香)

目次