「ほう!な話」

2012年7月19日

夏休みに子ども法律教室

▼Q 小学生の子が「今日、教室に弁護士さんが来たよ」と話していました。法教育の授業を受けたとか。どんな狙いがあるのですか。

▼A 弁護士が学校を訪ね、法の意義や法的なものの見方、考え方を分かりやすく伝える取り組みです。ある学校では「弁護士はなぜ悪い人の味方をするの?」と質問が出ました。新聞を読む限り、どうみても悪い人なのに・・・。素朴な疑問ですね。同時に、刑事裁判の原則に関わるとても良い質問でした。

そこで弁護士は「悪いことをしたかどうかは公平な裁判を受け、証拠を確認するまでは誰も断定できないんだよ」(無罪推定の原則)「被告人が言い分をうまく伝えるためにも弁護人が必要なんだ」(適正手続きの考え方)などと刑事裁判の基本ルールに触れながら答えます。

各地の弁護士会は夏休みの特別企画も準備しています。福岡の場合、小学生向けは桃太郎が教材です。桃太郎が住む場所はもともと赤鬼の村だったので、鬼たちが村を返してほしいと民事調停を申し立てる、という内容です。中高生向けには刑事裁判の被告人が真犯人かどうか、弁護士と一緒に考えます。参加してみませんか。

福岡県弁護士会の夏休み企画は次の通り。

【小学生向け】28日午後1時半から、北九州市の北九州弁護士会館で。問い合わせ=093(561)0360【中高生向け】8月18日同1時から、福岡市の西南学院大学で。問い合わせ=092(741)6416

西日本新聞 7月19日分掲載(渡邊典子)

※このイベントは終了しました

目次