「ほう!な話」

2016年8月3日

借金苦での自殺を防ぐ

▼Q 先日、息子が自殺を図りました。うつ病にかかっており、借金問題でも悩んでいました。一命は取り留めたものの、詳しいことを話してくれず、また自殺を図るのではないかと心配です。

▼A うつ病患者は自殺のハイリスク群といわれます。そこに経済的な問題が重なると、一層深刻です。うつ病は医療に委ねるしかありませんが、経済的な問題は弁護士が介入すれば解決できる場合があります。

借金問題の解決には、まず借金の内容を知る必要がありますが、親には話したくないという人が大勢います。また、精神保健福祉士や自治体のケースワーカーなどの専門職にも借金を打ち明けられない人がいます。

それでも、弁護士が面談すると、誰にいくら借金がある、貸したお金が返ってこないなどと、詳しく話してくれる人は少なくありません。事情を聞ければ、弁護士が債務整理を受任したり、貸金を回収したりという解決への道筋が見えてきます。

福岡県弁護士会には「自死問題支援者法律相談制度」があります。自殺の危険が高い人の世話や支援をしている親族、専門職(精神保健福祉士など)から弁護士会へ申し込んでいただくと、担当弁護士が48時間以内に電話をかけます。場合によっては専門職立ち会いの下、無料で法律相談に応じています。

このような取り組みは、他県の弁護士会にも広がりつつあります。詳細は最寄りの弁護士会に問い合わせてみてください。

西日本新聞 8月3日分掲載(馬場幸太)

目次