「ほう!な話」

2017年3月22日

「裸の写真ばらまく」 脅しにどう対処

▼Q 17歳の高校生の娘が交際相手に「別れたい」と告げたところ、会員制交流サイト(SNS)を通じて「別れるなら裸の写真をネット上にばらまく」というメッセージが相手から執拗(しつよう)に送られてくるようになりました。娘は以前、断り切れずに画像を送っていたようで「怖くて別れられない」と言います。どうしたらよいでしょうか?

▼A 改正ストーカー規制法が1月に施行され、ネット上での付きまといが新たに規制対象になりました。また、裸の写真を公表すると脅せば刑法の脅迫罪になりますし、実際に画像を公表した場合は名誉毀損(きそん)罪、わいせつ物頒布罪などに該当します。リベンジポルノ防止法や、18歳未満の画像の場合は児童買春・児童ポルノ禁止法での処罰も考えられますので、まずは警察に相談しましょう。送られてきたメッセージや通信履歴は証拠として保存しておきましょう。

一度画像が拡散されてしまうと、ネット上から完全に消し去るのはほぼ不可能です。公表されると困る写真は「撮らない、載せない」を徹底することが最も重要です。もし公表されてしまったら、検索サイトやSNSのサイトに削除を依頼することを考えましょう。ネット上の違法情報を削除要請する民間団体インターネット・ホットラインセンター(IHC)や法務局などでも削除措置をしてくれる場合があります。弁護士を通じて相手に画像を削除するよう交渉したり、民事上の損害賠償を請求したりする方法も考えられます。

西日本新聞 3月22日分掲載(中島みさき)

目次