「ほう!な話」

2017年6月7日

「過労死基準」はどんな基準?/お茶の間学

▼Q 春に会社員になった娘が連日残業し、休日も仕事だと出掛けます。娘の体調が心配です。過労死基準というものがあると聞いたのですが、どのような基準なのでしょうか。

▼A 労働基準法32条では、労働時間は1日8時間、1週間40時間までと定められています。「三六(サブロク)協定」と呼ばれる労使合意があれば、一定の時間外労働(残業)が認められていますが、あまりに長い残業が問題となっています。

長時間労働などの過労状態が続くと、脳・心臓疾患やうつ病などの精神疾患を発病することがあり、その場合労災認定を受けられます。厚生労働省は認定に際し一定の基準を定めており、これがいわゆる過労死基準と呼ばれるものです。

例えば脳・心臓疾患では、発症前1カ月間の残業が100時間超、または発症前2~6カ月間の月平均が80時間超。うつ病など精神疾患は、発病直前の2カ月間の月平均が120時間以上、または直前3カ月間の月平均が100時間以上になると、労災認定の可能性が高くなります。ただしこれらはあくまで一つの目安で、絶対的な基準ではありません。

労働者の健康確保の観点から、現在長時間労働を厳しく規制する法律づくりが進められています。娘さんについては現時点でも法的な対応が可能かもしれません。

日本弁護士連合会は9日に全国一斉労働相談ホットライン
=(0120)610168=を実施します。ぜひご相談ください。

西日本新聞 6月7日分掲載(星野圭)

※このイベントは終了しました

目次