「ほう!な話」

2017年8月2日

19歳が万引、処分は大人と同じになる?

▼Q 19歳の息子が万引で逮捕されました。ニュースで選挙以外でも18歳から大人として扱われるようになると耳にしました。犯罪の場合も19歳は大人として扱われるのですか。

▼A 現在、20歳未満の少年犯罪については少年法が適用されます。

少年は心身共に成長途中で未熟な面があるので、少年法は刑罰により懲らしめるというより、教育による立ち直りを期待して、非行に対する処分を決めています。

手続き的には、逮捕された後の身柄の拘束(勾留)が原則10日間というのは、大人も少年も同じです。

ただ大人の場合、勾留の後、軽微な事件なら、被害弁償などをすれば不起訴となることもあります。

一方少年は、どんなに軽微な事件でも、すべて家庭裁判所に送致され、調査官が非行の背景を調査したり、少年鑑別所で本人の資質を調べたりします。非行の背景を理解しなければ教育できないからです。

こうした調査結果を踏まえ、保護観察や少年院送致などの処分が決まります。重大事件では大人と同じ裁判を受ける場合もあります。

現在、少年法の適用年齢を18歳未満に引き下げる議論が進んでいます。実際に引き下げられれば、19歳も大人と同じ扱いになり、立ち直りの機会が失われるおそれがあります。

5日には福岡市・天神で、少年法見直し問題を考えるシンポジウムが開かれます。問い合わせは主催の福岡県弁護士会の電話=092(741)6416。

西日本新聞 8月2日分掲載(楠田瑛介)

目次