「ほう!な話」

2015年6月17日

デートDVにも保護命令

▼Q 同居する彼氏から暴力をふるわれ、けがをしました。怖いのですが、追いかけてきそうで逃げられずにいます。どうすればよいですか。

▼A 交際相手からの暴力もドメスティックバイオレンス(DV)であり、デートDVと呼ばれています。デートDVも犯罪。警察に被害届を出し捜査してもらいましょう。女性センターなどに相談し、シェルターに一時避難することができます。

昨年1月の法改正で同居中の交際相手(もしくは過去に同居していた元交際相手)から身体への暴力を受けている場合も裁判所に「保護命令」を申し立てることができるようになりました。保護命令が出ると交際相手は一定期間、あなたや親族らにつきまとうことを禁止され、自宅から退去させられることになります。保護命令に違反した者は逮捕されて刑事罰が科されます。保護命令で身の安全を確保。ゆっくり生活を立て直し、交際解消などの必要な手続きを取ることができるのです。

DVは身体と心を傷つけ、生命に危険が及ぶ恐れがあります。悩んでいる方は、弁護士、各自治体にいる女性センターの相談員、警察などに相談してください。福岡県弁護士会でも23~29日午前10時~午後4時、「女性の権利110番」を実施。
弁護士と相談員が無料で電話相談に応じます。日時や電話番号は地域で異なりますので詳細は県弁護士会のホームページで確認してください。
電話=092(741)6416でも案内します。

西日本新聞 6月17日分掲載(田坂幸)

※このイベントは終了しました

目次