「ほう!な話」

2016年2月10日

少年事件は付添人を

▼Q 高校を中退した息子が非行を繰り返し、少年鑑別所に入れられて少年審判を受けることになりました。弁護士に依頼した方がよいのでしょうか。また、仕事に就いてくれれば少しは落ち着くと思うのですが、当てがありません。

▼A 少年事件でも、冤罪(えんざい)防止や被害者との示談交渉、問題を共に考えて反省を深める手助けをするなど、弁護士(付添人)の存在は重要です。ぜひ弁護士を付けてください。

知り合いの弁護士がいない場合、当番付添人制度があります。当番付添人制度は、全ての少年に弁護士を付けることを目標としており、法律扶助制度などを利用すれば、費用負担なしで弁護士を付けることができます。まずは地元の弁護士会に相談してみてください。

さて、息子さんは高校中退後、働いていないということですが、仕事に就くことは非行から立ち直るために非常に重要な要素です。罪を犯した人や非行に走った少年に就労の場を提供し、経済的自立や更生を図ることを目指す団体として、各都道府県にNPO法人「就労支援事業者機構」が存在します。息子さんに仕事を紹介してほしいときは、担当の弁護士を通じて、この機構に連絡してください。

福岡県の機構には500社以上の協力雇用事業所が登録しており、年々、職種も増えています。つらい状況ですが、これをきっかけに息子さんが就職して、立ち直れるよう、担当弁護士と一緒に頑張ってください。

西日本新聞 2月10日分掲載(知名健太郎定信)

目次