「ほう!な話」

2012年8月30日

荒れた学校 学習権侵害にも

▼Q 息子が通う中学校が荒れていて、まともに授業が受けられない日が続いています。どうしたらいいでしょうか。

▼A 保護者にとって学校は、わが子を預ける大事な場所。そこが荒れていると聞けば、不安が募ることでしょう。

憲法は「教育を受ける権利」を国民に保障し、その中心は子どもの学ぶ権利(学習権)だと考えるのが一般的です。今回の場合、息子さんの学習権が侵害されている可能性があります。

学校や教育委員会と話し合い改善を訴えましょう。事態が好転しないようなら、転校も考えなければなりません。いずれにしても学習権を侵害されているのは息子さんなので、本人とよく話し合う必要があります。

保護者が教育現場の実情を知る機会はそう多くなく、つい学校任せになりがちです。しかし学校教育は子どもの学ぶ権利と深く関わりをもち、人格形成に深い影響を及ぼすもの。学校教育について考えることは、とても大切なことです。

今、大阪市の橋下徹市長が大胆な教育改革を打ち出しています。そこで、福岡県弁護士会は「どうする学校教育-いま大阪で起きている『教育改革』を福岡で考える」と題したシンポジウムを開きます。子どもたちが充実した学校教育を受けるためにどうすればいいか、みなさんも一緒を考えてみませんか。

◆シンポジウムは9月1日午後2時から、福岡市中央区の天神ビルで。無料。問い合わせは県弁護士会=092(741)6416。

西日本新聞 8月30日分掲載(池田慎)

※このイベントは終了しました

目次