「ほう!な話」

2016年9月28日

交通ルールが必要な理由は?

▼Q 先日、車を運転していて、一時停止違反で反則切符を切られました。車の通りもほとんどない交差点で、一時停止規制など必要なのでしょうか。

▼A 確かに、交通ルールの中には、一見すると必要性の分かりにくいものもあります。そういうときは、なぜそのようなルールがあるのか、広い視点で考えてみることが重要です。

一時停止規制は、道路交通法で定められています。この法律は、道路における危険防止や交通安全に加え、交通の円滑を図ることも目的とされています。

自動車は、人や物を遠くまで速く運ぶことができ、運転する人もそうでない人も、さまざまな便益を得ています。

ただ、そのように速く移動できるのは、道路が整備され、交通ルールが決められているからです。ルールがなかったり、多くの人が守らなかったりすれば、青信号の交差点でも、怖くて速度を落とすしかありません。

一時停止規制も同じです。規制を皆が守ることで、交差点を通る運転手は「横から入ってくる車は一時停止してくれるはず」と安心して通行できます。

ルール(法)は、何らかの理由があって定められていることがほとんどです。時代の変化などに合わせて改めることも重要ですが、ルール自体が重要なことに変わりはありません。

福岡県弁護士会は、法やルールの役割や意義を学ぶ「法教育」に取り組んでおり、弁護士の講師派遣も行っています。詳しくは弁護士会のホームページをご覧ください。

西日本新聞 9月28日分掲載(甲木真哉)

目次