「ほう!な話」

2013年2月23日

放置していた権利は消滅する

▼Q 13年前、友人に30万円を貸しました。返してほしいと話したら「もう時効だから」と・・・。諦めなければならないのですか。

▼A 権利が行使されない状態が一定期間続いた場合、時効が成立します。「消滅時効」の制度です。「権利の上に眠る者は保護しない」という法格言に由来するもので、法が定めた時効期間が過ぎた場合、債務者が時効の利益(借金を返さなくていい)を得ることを援用(意思表示)すると、債権者の権利は消滅してしまいます(返してもらえなくなる)。

時効期間は権利の内容によって異なります。一般的な債権は10年間。質問のケースは13年前に貸したということなので、時効が完成している可能性があります。消費者金融の貸付金や家賃は5年、交通事故の損害賠償請求権や離婚の慰謝料請求権は3年、賃金は2年、飲み屋さんのつけは1年で時効が成立します。

もっとも、一定の事由があれば時効の進行が「中断」する場合があります。(1)請求(2)差し押さえ・仮差し押さえ・仮処分(3)承認-の3種類のうち、いずれかの言動をしていれば「眠った」ことにはなりません。その時点でリセットされ、また新たに時効期間が始まります。さらに、時効期間が経過した後でも、借金の一部を返したりすると、もはや時効の利益を援用できなくなります。

権利を放置したままにすると、いつの間にか時効消滅していたという場合があります。期間が経過しているか、時効を中断させるには何をすればいいのかなどについては、弁護士にご相談ください。

◆福岡県弁護士会の相談窓口案内=(0570)783552(なやみここに)。

西日本新聞 2月23日分掲載(堺勇介)

目次