「ほう!な話」

2012年5月10日

直接相談が解決の早道

今やインターネット上には無数の情報が蓄えられ、使い方次第ではいくらでも有益な情報が手に入ります。法的な問題にしても、裁判所や弁護士会、法律事務所からコンサルタント業者に至るまで、役に立つ情報は少なくありません。

とはいえ、例えば病気になったときに、ネット上でいくら多くの知識を得ても治せるわけはなく、結局は病院へ行くはずです。薬や治療法のことなど、やはり医師から直接アドバイスを受けた方が安心でしょう。

法的トラブルを抱えたときも同じです。事件はケース・バイ・ケース。相談の内容、手持ちの証拠、相手方の証拠によっても展開は変わります。当事者が関係ないと思っている事実や証拠でも、法律の専門家から見れば重要な場合もあります。そうして丹念に一つ一つのケースを見ていかなければ、正確で適切な解決には至らないのです。

ネットの情報源にも注意が必要です。ネットで調べているうちに時間がたち、事態が悪化したり、時効になったりする最悪のケースも考えられます。

福岡県弁護士会の場合、県内に19の法律相談センターを設置しています。30分の相談で5250円というコストはかかりますが、適切な解決の糸口が見つかる可能性は高まり、結果的に解決に要する時間とエネルギーも節約できるはず。お医者さんと同様、地元の弁護士にも気軽にご相談ください。

◆福岡県弁護士会の相談窓口案内=(0570)783552(なやみここに)。

西日本新聞 5月10日分掲載(成瀬裕)

目次