「ほう!な話」

2012年1月19日

「弁護士保険」を活用しよう

車にはねられたのに加害者の対応に納得できない、玩具で子どもがけがをしたのでメーカーを訴えたい、家具が壊れた責任を引っ越し業者に問いたい・・・。

このように、日々の暮らしの中で事故や被害に巻き込まれたら「弁護士保険」を思い出してください。2000年10月から販売が開始されています。

この保険は、弁護士の当てがない人にも個別に紹介し、相談も含めた依頼費が保険金で支払われる仕組みです。利用者は年々増え、その多くが自動車保険の特約として加入しています。特に車を運転している人は、証券を確認してみてください。

この仕組みは、日本弁護士連合会と都道府県ごとにある弁護士会で設立したリーガル・アクセス・センター(LAC)が、協定を結んだ各保険会社など(現在11社)と話し合って開発したものです。

また、弁護士保険を使用する中で何らかのトラブルが発生した場合に、保険会社と担当弁護士から事情を聴き、問題点の分析と解決方法を検討します。さらに、定期的に保険会社と手続きに関して意見交換しながら、利用者により安心して使っていただけるよう改善に努めています。

今のところは交通事故がほとんどですが、将来的には労働問題や離婚にも活用できるよう、対象分野を拡大する研究も重ねています。

◆福岡県弁護士会の相談窓口案内=(0570)783552(なやみここに)。

西日本新聞 1月19日分掲載(安原伸人)

目次